ブログ|中谷安心堂漢方薬局

LINE@
blog

うつ病相談は大阪市の【中谷安心堂漢方薬局】へ~うつ病のケア方法をご紹介~

うつ病を和らげるケア~薬の悩み・うつ病相談は大阪市の【中谷安心堂漢方薬局】で~

悩みが多いうつ病を和らげるためのケア~薬・休養・環境の調整でメンタルを整える~

うつ病は心と身体の両面に不調を引き起こすため、できるだけ早くケアを開始することが大切です。一般的な治療法は薬物療法ですが、その他「休養」「環境の調整」「精神療法」などを取り入れると、不調を和らげることができます。

うつ病になりやすい人の性格的な特徴は、真面目で責任感が強い傾向にあります。身体を休めたり、家庭・職場に環境調整をお願いしたりすることも少ないため、ゆったり過ごして張り詰めた感情を解しましょう。まずはこの状態の改善が回復ケアにつながります。

また、休養して少し落ち着いたように見える場合でも、うつ病は否定的な思考パターンを変えない限り、不調のぶり返しが起きやすいです。精神療法(認知行動療法)は、うつ病のぶり返しを予防し、思考パターンについて見つめ直すサポートが可能なため、うつ病を和らげたいときは早めの受診をおすすめします。

さらに、日常で取り組めるセルフケアとしては、うつ病の大敵であるストレスと上手く付き合うことです。対人関係や仕事で問題が起きた場合も、あまり深刻に考えず、ストレスをつくらないよう意識してください。睡眠時間をしっかりと確保し、悩みがある場合は信頼できる人に相談しましょう。

うつ病相談は大阪市で漢方を扱う【中谷安心堂漢方薬局】へ~心身の悩みにマッチした漢方を提供~

うつ病相談は大阪市で漢方を扱う【中谷安心堂漢方薬局】へ~心身の悩みにマッチした漢方を提供~

大阪市でうつ病相談を検討している方の多くは、普段から周囲に弱音を吐くことが少なく、何でも一人で抱え込みがちです。うつは小さなストレスの積み重ねから引き起こされるため、「以前より気分が落ち込みやすい」「やる気が出ない」とマイナスな感情が続く場合は、一度うつ病相談を行いましょう。

大阪市にある【中谷安心堂漢方薬局】は、創業から約100年の歴史を持つ老舗の漢方薬局です。漢方の考えを用いて、お薬の飲み方から健康相談まで、心と身体の調子を整えるようサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

【中谷安心堂漢方薬局】は「元気で長生き」を応援します

【中谷安心堂漢方薬局】は「元気で長生き」を応援します

大阪市西九条にある【中谷安心堂漢方薬局】は、商店街の中の身近な漢方薬局として、長く地域の皆様に愛されてきました。

不眠やうつ病相談、身体の冷え、更年期の不調など様々な不調の相談に対応いたしますので、漢方薬の使用を検討している方は一度お問い合わせください。漢方医学を通じて、皆様の「元気で長生き」を応援いたします。

お役立ちコラム

大阪市でうつ病相談をお考えなら【中谷安心堂漢方薬局】へ

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
所在地 550-0027 大阪府大阪市西区九条2-15-15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

うつ病相談は大阪市の【中谷安心堂漢方薬局】へ~うつ病につながる要因~

うつ病につながる要因~大阪市でうつ病相談なら漢方を扱う【中谷安心堂漢方薬局】へ~

うつ病を招いてしまう要因~環境や更年期の不調など複数の原因が絡まって起こる~

うつ病を招いてしまう要因~環境や更年期の不調など複数の原因が絡まって起こる~

「うつ病」と聞くと、心に何か問題を抱えている心の病と思われていますが、実は心だけでなく脳内の変化も関係しています。脳で働く神経の伝達物質がスムーズに動かなくなるのと同時に、ストレスや環境の変化など、様々な原因が絡み合って引き起こされると考えられています。

●環境要因によるもの

家庭不和を含む人間関係のトラブル、家族・親しい友人の死亡、就職や退職、結婚・離婚などの環境の変化です。また、女性の人生が大きく変化する妊娠・出産なども、今までの生活とガラッと環境が変わるため、現状の変化に対応できずに気分が落ち込みやすくなるケースも多いです。

●身体的要因によるもの

仕事やプライベートで日々慢性的な疲労を感じている、ホルモンバランスの変化などがきっかけで、うつ病を引き起こすこともあります。特に女性は、月経前や出産後、更年期の不調といった身体的変化が多く、ストレスを溜め込んでしまうと一気に心のバランスを崩してしまいます。

この他、生まれ持った気質や性格…他人に親切で親しみやすい社交的なタイプ、義務感が強く几帳面なタイプ、周囲のことまで目配り・気配りできるタイプは、うつ病になりやすいと考えられています。自分の性格を変えるのは、そう簡単なことではありません。まずは専門家に相談してみましょう。

大阪市でうつ病相談・更年期の不調に漢方で対応!悩んだときは【中谷安心堂漢方薬局】へ

大阪市でうつ病相談・更年期の不調に漢方で対応!悩んだときは【中谷安心堂漢方薬局】へ

大阪市でうつ病相談や更年期に訪れる不調に関係する悩みはありませんか?大阪市にある【中谷安心堂漢方薬局】は、漢方薬局として相談を承っています。

そもそも、なぜうつ病が起こるのか…発症メカニズムはまだ解明されていません。しかし、心理的なストレス・変化・体質など、様々な要因が関係していると考えられています。また、50代あたりに訪れる更年期も、イライラや不安、落ち込み、肩こりといった不調を招いてしまいます。

【中谷安心堂漢方薬局】では、うつ病相談に対して、今の状態・体質などに配慮しながら、不調に適した漢方薬を提供いたします。大阪市でうつ病相談や更年期の相談をご希望でしたら、お気軽にご連絡ください。

お役立ちコラム

大阪市でうつ病相談をお考えなら【中谷安心堂漢方薬局】へ

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
所在地 550-0027 大阪府大阪市西区九条2-15-15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

大阪市西区の漢方専門店【中谷安心堂漢方薬局】が不妊の対策法をご紹介

西区の漢方専門店なら~不妊対策で大切な基礎体温~

西区で漢方の専門店をご利用なら【中谷安心堂漢方薬局】へご来店ください。不妊対策や更年期など様々な悩み相談を承ります。こちらでは、不妊対策として重要な基礎体温についてご紹介しております。不調のお悩みはお気軽にご相談ください。

不妊対策として重要な「基礎体温」

基礎体温は朝目覚めたときに測る体温のことです。毎日、基礎体温を測ってグラフ化することで、女性ホルモンの分泌による体温の変化や排卵の有無、月経の周期などを大まかに掴むことができます。

これから基礎体温を測ろうとお考えの方は、小数点以下2桁まで測れる婦人体温計と、基礎体温表を用意しましょう。基礎体温表は病院で貰う、あるいはスマホのアプリなどを活用して記録できます。また、実際に基礎体温を測るときのポイントは、朝目覚めたら「身体を動かさず横になったまま測ること」「婦人体温計を舌で押さえて口を閉じたまま測ること」です。一度布団から起き上がったり口を開けた状態で測ったりすると、正確な測定が難しくなります。

さらに、基礎体温はできるだけ毎日同じ時間に測るのが理想です。ただ、測り忘れや起床時間がまちまちなときもあるかもしれません。このような場合は、あまり神経質にならないことが大切です。重要なのは毎日続けることですので、不妊対策の一つとして、ゆっくり取り組みましょう。

大阪市西区で漢方の考えを取り入れたい方へ

西区で漢方をご利用なら【中谷安心堂漢方薬局】へ

大阪市西区で漢方の考えを取り入れたい方は、是非【中谷安心堂漢方薬局】へお越しください。「より早く、より根治的に、より経済的に」を座右の銘に掲げている漢方薬局です。

漢方医学を通じて、皆様の身体の調子を整えるサポートをいたしますので、西区で漢方に関する相談ならお任せください。

【中谷安心堂漢方薬局】は、ちょっとしたときに家族で立ち寄れる、商店街の中の身近な漢方薬局としてご愛顧いただいています。

更年期のうつ・イライラ・落ち込みなどの相談にも対応

更年期によるうつ・イライラ・落ち込みにも対応

女性の生涯のうち、成熟期から老年期に移る更年期は、女性ホルモンの分泌が減少して、卵巣機能が低下します。ホルモンバランスが乱れることで、イライラや落ち込み、食欲不振、うつに近い状態が現れやすくなるため、心身のバランスを整える対応が必要です。

大阪市西区九条にある【中谷安心堂漢方薬局】は、創業が大正元年の老舗の漢方薬局です。身体の調子を整えるサポートができるよう、皆様からの相談に対応いたします。どうぞ気軽にお問い合わせください。

西区の漢方専門店【中谷安心堂漢方薬局】が発信するお役立ち情報

西区で漢方の専門店をお探しなら【中谷安心堂漢方薬局】へ

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
所在地 550-0027 大阪府大阪市西区九条2-15-15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

大阪市西区の漢方専門店【中谷安心堂漢方薬局】が不妊の原因について解説

男女別の不妊の原因~身体の悩み相談は大阪市西区の漢方専門店へ~

不妊にお悩みなら知っておきたい男女別の原因

妊娠を望む健康な男女の間に、一定期間子供ができない状態が不妊です。この一定期間は約1年とされていますが、不妊の原因は男性側、女性側、あるいは両方にある場合があります。「不妊かもしれない…」と不安に感じている方は、こちらの内容を参考にしてください。

●男性側の原因

男性不妊の場合、造精機能障害・精路通過障害・性機能障害が主な原因に挙げられます。精子の数が少なかったり、運動性が低下していたりすると不妊につながりやすい他、精子が通る道(精管)が途中で詰まっている場合も妊娠に至りません。また、何らかのストレスによって勃起障害が引き起こされるケースもあります。

●女性側の原因

女性は加齢に伴って、卵子の数の減少や質の低下が進みます。これは自然な現象で不妊には含まないという考えもありますが、40代の不妊で最も大きい原因は卵子の質です。他にも、卵管の異常によって卵子と精子が出会えず受精できない、卵巣機能の低下・月経不順による排卵障害、子宮内膜症などが原因で不妊につながることもあります。

アトピーなどの皮膚関係や不眠の悩み相談は大阪市西区の漢方専門店【中谷安心堂漢方薬局】へ

アトピーなどの皮膚関係や不眠の悩み相談は大阪市西区の漢方専門店【中谷安心堂漢方薬局】へ

大阪市西区で漢方を専門に扱う店舗をお探しなら、【中谷安心堂漢方薬局】をご利用ください。大正元年(1912年)に西区九条に創業して以来、多くのお客様の「元気で長生き」を応援してきました。

アトピー性皮膚炎・ニキビ・水虫などの皮膚関係の悩みをはじめ、不眠や更年期などの心に関する悩み、健康的な生活を意識したケアを特に重視して、皆様の相談に対応しています。

どんな悩みにも真摯に向き合いますので、身体の不調に関することで漢方を取り入れたいとお考えでしたら、ご連絡ください。

【中谷安心堂漢方薬局】はパソコンとスマホから24時間相談予約が可能

【中谷安心堂漢方薬局】はパソコンとスマホから24時間相談予約が可能

漢方の考えを提供する【中谷安心堂漢方薬局】は、パソコンもしくはスマホからのWEB予約で、お客様からの相談に対応させていただきます。

「ご来店」「Skype(スカイプ)」「お電話」のいずれかの相談方法を選べますので、適した方法でお申込みください。もちろん、西区で漢方薬選びに悩む方のご来店もお待ちしています。

お役立ちコラム

西区で漢方の専門店をお探しなら【中谷安心堂漢方薬局】へ

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
所在地 550-0027 大阪府大阪市西区九条2-15-15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

大阪市の漢方薬局【中谷安心堂漢方薬局】が加齢と不眠の関係性について解説

加齢と不眠の関係性について~アトピー性皮膚炎の相談なら大阪市の漢方薬局へ~

健康な生活を送るために~加齢と不眠の関係性について~

睡眠は健康だけでなく、美容のためにも欠かせません。疲れは就寝中に癒されるため、翌日からまた新しい一日を踏み出す元気を得られます。

しかし、睡眠の質は加齢に伴って低下していくことをご存知でしょうか。これには、覚醒と睡眠時の切り替えを行う睡眠ホルモン「メラトニン」が関係しています。メラトニンとは、脳の松果体(しょうかたい)と呼ばれる部分から分泌されるホルモンです。眠りを自然に誘う作用があるのですが、メラトニンの分泌量は子供の時期がピークで、思春期を過ぎて30代・40代と歳を重ねると一気に分泌量が激減していきます。

また、高齢になると早寝早起きのスタイルが身につくケースがあります。これは若い頃と比べて、体内時計の調節機能が上手く働かないためと考えられています。

しかしながら、不眠に正確な定義はなく、自覚症状のみで判断されています。加齢に起因する自然現象と受け止めることで気持ち的にも楽になりますので、日中の過ごし方を見直すことが一番です。

例えば、家の中でこまめに動く、庭の手入れをする、外出をする、運動するなど。積極的に身体を動かす習慣を身につけると、睡眠時間の長さに関係なく、質の良い睡眠を得られるようになります。

漢方薬局を大阪市でお探しなら【中谷安心堂漢方薬局】~不妊・アトピーの相談も承ります~

漢方薬局を大阪市でお探しなら【中谷安心堂漢方薬局】~不妊・アトピーの相談も承ります~

漢方薬局を大阪市でお探しでしたら、【中谷安心堂漢方薬局】へお越しください。漢方薬は身体本来の治癒力を高めることを目的とし、身体全体を整えるよう働きかけます。

大阪市にある漢方薬局【中谷安心堂漢方薬局】は、豊富な知識を強みとしており、不妊やアトピー性皮膚炎に関する悩みなど、これまで多くのお客様の相談に対応してきました。

妊娠・出産のための健やかな身体づくり、アトピーの改善を目的とした生活習慣の見直しなどのご相談は、いつでもお問い合わせください。

漢方医学は個人差を大切にする~同じ不調でも一人ひとりの体質は異なる~

漢方医学は個人差を大切にする~同じ不調でも一人ひとりの体質は異なる~

大阪市の漢方薬局【中谷安心堂漢方薬局】に、原因の分からない不調について相談しませんか?

生活習慣が似ているとは言え、家族が同じ不調を感じていても素の体質は一人ひとり異なります。漢方医学では個人差を大切にしていますので、漢方薬を購入する際は、専門知識・技術を持つ漢方薬局できちんと確認することをおすすめします。

長い歴史を持つ【中谷安心堂漢方薬局】は、心身共に「真の健康」をお考えになる皆様からのご相談をお待ちしています。

お役立ちコラム

大阪市の漢方薬局なら【中谷安心堂漢方薬局】

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
所在地 550-0027 大阪府大阪市西区九条2-15-15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

大阪市の漢方薬局【中谷安心堂漢方薬局】が不眠の原因について解説

大阪市の漢方薬局なら~不眠の原因について~

大阪市で漢方薬局をお探しなら九条駅から徒歩で約3分の距離にある【中谷安心堂漢方薬局】へ。不眠や更年期に関するお悩みの他、うつ病相談やアトピー相談にも対応いたします。お気軽にお問い合わせください。こちらでは、不眠の原因についてご紹介しております。

意外に知らない!こんなことも不眠の原因~更年期のストレス・うつ・身体の不調~

右手を挙げて案内する人物

「睡眠時間を確保しているのに熟睡した気がしない」「起床時に身体がだるい」と感じている場合、睡眠障害を引き起こしている可能性が高いです。不眠の問題はそれぞれ原因があり対処法も異なりますが、こちらでは代表的な不眠の原因についてご紹介します。大阪市にお住まいの方も参考にしてください。

●心理的原因やストレス

家庭や仕事、人間関係など、何らかのストレスが関連することで不眠を引き起こすことがあります。朝目覚ましが鳴るよりも早く目が覚める、午前中は無気力で午後から元気が出る場合もあるため要注意です。また、更年期の心理もしくは社会的ストレスが関係してくると、「ただ眠れないだけだと思ったらうつだった」というケースもあります。

●身体の不調

かゆみなどのアレルギー、鼻づまりが不眠の原因となることもあります。不眠よりも先に身体の不調を整えることが優先で、それによって睡眠障害が改善されることも多いです。睡眠を妨げている不調に心当たりがある場合は、漢方薬局に相談するなど早めの対応をおすすめします。

●服用している薬やカフェインなどの刺激物

普段から何か薬を服用している、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインを摂取している場合、スムーズな入眠を妨げることも少なくありません。特にカフェインは就寝前に摂取すると覚醒したり、睡眠時も利尿作用でトイレ覚醒が起きたりします。

●体内リズムの乱れ

お仕事が交代勤務の方、時差によって体内リズムが乱れやすい方も多いです。睡眠のリズムを一定にするために、早寝早起きの徹底や就寝前のゲームを止める、軽いストレッチを取り入れるのもおすすめです。

大阪市の漢方薬局【中谷安心堂漢方薬局】は更年期の相談にも対応

不眠・更年期のお悩みにも対応可能

漢方薬局を大阪市で探している方は、創業から100年以上の歴史を持つ【中谷安心堂漢方薬局】へお越しください。漢方を通じて皆様の「元気で長生き」をサポートするため、更年期についてのご相談も承っています。

昔から大阪市にお住まいの方はもちろん、老舗の漢方薬局を探して海外からお越しになる方も多いです。

また、【中谷安心堂漢方薬局】ではメール会員も募集しています。会員登録していただくと、店舗からの最新情報もお届けできます。気になる方は是非ご連絡ください。

大阪市【中谷安心堂漢方薬局】発信のお役立ち情報

大阪市の漢方薬局なら【中谷安心堂漢方薬局】

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
所在地 550-0027 大阪府大阪市西区九条2-15-15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

手湿疹かどうかの判断と漢方の考え~大阪で軟膏が手放せない手荒れに悩む方へ~

手湿疹かどうかの判断と漢方の考え~大阪で軟膏が手放せない手荒れに悩む方へ~

「手荒れがひどくて長袖の服ばかり着てしまう」「手荒れになって軟膏ばかり塗ってしまう」このようなトラブルで困っていませんか?乾燥しやすい時期とは関係なく手荒れに悩んでいる方、手荒れだと思い込んでいるだけで本当は手湿疹かもしれません。こちらでは、大阪で漢方薬を処方する中谷安心堂漢方薬局が、ひどい手荒れにお困りの方にむけて手湿疹のセルフチェックと、手湿疹の予防・軽減方法についてまとめています。

その手荒れ手湿疹かも!手湿疹のセルフチェック

チェックシート

手荒れなのか手湿疹なのかを区別するために、セルフチェックをしてみましょう。

  • 手のひらや指に赤みがある
  • ひび割れて炎症を起こしている
  • 乾燥してかゆい
  • ブツブツとした水ぶくれがある
  • 手指に皮むけがありジュクジュクしている
  • 手指にかぶれがあり掻くと腫れる
  • 6つ全部を繰り返す

上記のチェックリストが3つ当てはまる方は、単なる手荒れではなく手湿疹の可能性があります。

手湿疹は軟膏で予防できる?手湿疹の予防・軽減方法とは

予防・軽減方法を紹介する女性

手湿疹のかゆみ・痛みは軟膏で軽減できますが、軟膏を塗っても繰り返す場合は手湿疹の予防を意識しましょう。具体的には、手湿疹の原因となるアレルギー源や刺激を遠ざける工夫です。

●水仕事のときはゴム手袋&綿手袋で手湿疹を予防する

水仕事の前に軟膏でかゆみを抑えたら、その上に綿手袋をしてからゴム手袋を装着しましょう。ゴム手袋だけですとムレやすいため、肌に優しい綿製の手袋をはめることで汗による刺激を抑えられます。

また、ゴム手袋をしているからといって安心せず、低刺激の洗剤を使用するようにしてください。

●皮膚を清潔に保って手湿疹を予防する

もともと皮膚が弱く、手汗でかぶれてしまう場合は、ぬるま湯で汗を流すのがおすすめ。外出先で手洗い場が見つからない場合は、アルコールを含まないウェットティッシュを持参しておくと便利です。汗をかいたらこまめに拭く習慣をつけて、いつでも皮膚を清潔に保つ工夫をしましょう。また、お風呂上がりは皮膚が乾燥しやすいため、手指だけでなく全身を保湿することをおすすめします。

●手湿疹のかゆみは冷やして軽減させる

水で濡らした清潔なタオルをしばらく当てておくと、かゆみを抑えやすくなります。手湿疹は皮膚の炎症が原因でかゆみが出るため、反応している部位に血液が集まって、腫れ・赤みが現れます。冷やすことで一時的に血行を滞らせると、腫れ・赤みが引いてかゆみを軽減させられるのです。

大阪で手荒れ・手湿疹にお困りなら漢方の考えを取り入れよう

手荒れ・手湿疹にお困りの方に向けて、大阪で漢方薬を処方する中谷安心堂漢方薬局が手湿疹のセルフチェックと手湿疹の予防・軽減方法について説明いたしました。大阪にお住まいでひどい手荒れにお困りでしたら、漢方の考えをもとに体質に合った漢方薬を提案する中谷安心堂漢方薬局にご相談ください。

漢方は基本的に人間も自然の一部と考えているため、不具合や症状をみるのではなく、その人を構成する身体全体をバランス良くみます。一人ひとり異なる体質や生活習慣の改善を見直し、整えるためのアドバイスをいたします。漢方の考えを取り入れたいとお考えでしたら、是非お問い合わせください。

漢方に関する豆知識

手湿疹にお困りの方は体質に合った漢方薬を提案する中谷安心堂漢方薬局へ

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
住所 550-0027大阪府大阪市西区九条2丁目15−15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

手湿疹の特徴と漢方の考え~塗り薬が手放せない手湿疹と赤み・湿疹のない皮膚掻痒症~

手湿疹の特徴と漢方の考え~塗り薬が手放せない手湿疹と赤み・湿疹のない皮膚掻痒症~

季節に関係なくカサカサとした手のひら、手指にかゆみ・湿疹が出るなどの強い手荒れに悩んでいませんか?これらは「主婦湿疹」とも呼ばれる手湿疹と言い、炎症が原因で手指や手のひらに赤み・ひび割れなどが生じます。こちらでは、主婦湿疹をはじめとする手荒れについて説明いたします。最後に中谷安心堂漢方薬局が漢方の考えについてもまとめていますので、是非ご覧ください。

塗り薬が手放せない手湿疹「主婦湿疹」とは?

主婦湿疹の手

手の皮脂や角質の減少で生じる手湿疹は、水仕事をする人に多くみられることから「主婦湿疹」と呼ばれています。

かゆみ・痛みをともなう皮膚の赤み、ひび割れ、皮むけ、水ぶくれなどに悩まされやすく、常に塗り薬を持ち歩いている人も少なくありません。

●主婦湿疹はどんな人がなりやすい?

  • 主婦または主夫
  • 理容師・美容師
  • 食堂やレストランの厨房で働いている人
  • 看護師や介護系のお仕事をしている人

人の皮膚は汗や水分、皮脂が混ざり合ってできる天然のクリーム(皮脂膜)によって、乾燥または水分の蒸散、刺激物質の侵入を防いでいます。

しかし、水やお湯、洗剤などに触れる機会が多い仕事をしていると、天然のクリームが洗い流されてしまうため、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。その状態の手に水仕事の負担が重なることで、手湿疹の症状が起こると言われています。

●主婦湿疹はどんな対策が必要?

主婦湿疹は手に接触する水やお湯、洗剤などの刺激によって生じる手湿疹ですので、皮膚のバリア機能を低下させない工夫が必要です。具体的には、食器を洗う前に汚れを拭き取っておき、水や洗剤に触れないようにゴム手袋を装着する。また、使用する食器の数を少なくするために大皿に盛るなどの工夫もおすすめです。

皮膚がカサカサしてひび割れる乾燥型 ブツブツ・水ぶくれができる湿潤型

【特徴】

手指から出始めて全体に広がる。

【ケア】

乾燥型の手湿疹は保湿が基本。保湿効果の高い塗り薬でケアしましょう。

【特徴】

指や手のひらから出始めて甲にも広がる。

【ケア】

湿潤型の手湿疹はクリームより軟膏タイプの塗り薬がおすすめ。

※クリームと軟膏の違いは水を含んでいるか否か。軟膏は水を含んでいません。

赤み・湿疹はないけれどかゆい…それ皮膚掻痒症かも

チェックの文字を指差す手

手や腕の皮膚に赤み・湿疹はないけれど、我慢できないかゆみが襲ってくる場合は、皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)かもしれません。

●皮膚掻痒症はどんな人がなりやすい?

  • 皮脂の分泌が減少する高齢者
  • 体質が変化しやすい妊婦さん
  • 乾燥肌に傾きやすい人

皮膚掻痒症も手湿疹と同様に乾燥した皮膚に生じる不快なものですが、手湿疹と違って痛みをともなわず、掻くことで一時的に症状を抑えられます。しかし、皮膚を掻くこと自体が刺激となって、さらにかゆみが増してしまうという悪循環が特徴です。

●皮膚掻痒症はどんな対策が必要?

できるだけ皮膚に刺激を与えないようにしましょう。具体的には、衣服の素材を肌に優しい綿に変えたり、入浴中は身体を手で洗ったり、室内の湿度調整を行うなど。また、かゆみが出た時に皮膚をさすったり叩いたりするのも刺激となるため、おすすめできません。どうしても我慢できない場合は、かゆみを抑える塗り薬を使いましょう。

症状別!手湿疹・皮膚掻痒症における漢方の考え

塗り薬が手放せない手湿疹「主婦湿疹」と、赤み・湿疹はないが皮膚にかゆみが現れる「皮膚掻痒症」について説明いたしました。上記で説明した内容は西洋医学の一般的な考えです。漢方の考えでは皮膚の状態に加え、人によって異なる生活習慣から体質を整える漢方薬を処方します。

例えば、皮膚が乾燥してかゆみがあり、身体が冷えやすい体質の方。このような方は漢方では血燥生風(けつしょうそうふう)タイプと考え、当帰飲子(とうきいんし)という漢方薬をおすすめします。漢方の考えから紐解く体質の改善に興味がありましたら、中谷安心堂漢方薬局へお気軽にお問い合わせください。

漢方に関する豆知識

手湿疹にお悩みの方は漢方の考えで対応する中谷安心堂漢方薬局へ

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
住所 550-0027大阪府大阪市西区九条2丁目15−15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

大阪で更年期障害のご相談を承る【中谷安心堂漢方薬局】のコラム

大阪で更年期障害のご相談を承る
【中谷安心堂漢方薬局】のコラム

手湿疹に漢方で整えることを提案する中谷安心堂漢方薬局では、漢方医学を通じて、人によって異なる生活習慣から体質を整える漢方薬を処方します。かゆみを生じる皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、水虫、手湿疹)などのお悩みもお気軽にお問い合わせください。

強い手荒れ・手湿疹でお困りなら漢方の考えを取り入れませんか?

中谷安心堂漢方薬局は創業以来、漢方を通じて大阪にお住まいの方々の健康維持を応援してまいりました。軟膏が手放せないひどい手荒れや赤み・かゆみを生じる皮膚疾患(アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、水虫、手湿疹など)でお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。漢方の考えでは症状をみるのではなく、一人ひとり異なる体質や生活環境をみて、それらを改善に向かわせるための漢方薬を提案するのが基本です。現在、お使いになっている塗り薬との併用も可能な漢方薬の提案をいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

手湿疹にお困りの方へ漢方薬を提案する中谷安心堂漢方薬局

店舗名 中谷安心堂漢方薬局
住所 550-0027大阪府大阪市西区九条2丁目15−15
代表者 中谷 吉孝
電話番号 06-6582-0664
FAX番号 06-6582-0729
定休日 火曜日・祝日
営業時間
  • 平 日/10:00~20:00
  • 土・日/10:00~18:00
事業内容 漢方販売、うつ病相談、アトピー相談
URL

ネット記事より(PPK?NNK?)

こんな記事を見つけました。
『日本は世界でも指折りの長寿国として知られています。しかし、その実態は、最期まで元気に活動して天寿をまっとうするピンピンコロリ(PPK)は少なく、男性は平均9年、女性は同12年も介護された末に死んでいくという、ネンネンコロリ(NNK)が他国に比べて際立って多い「不健康長寿国」なのです。』

厚生労働省の資料によりますと、「寝たきり・重度要介護の原因」は
1)脳関連・・・脳梗塞、脳出血、認知症、パーキンソン病で約43%
2)骨、筋肉関連・・・筋肉等の衰弱、転倒・骨折、関節疾患で約40%
3)その他約17%
ということです。
この事から脳関連と骨・筋肉関連をケアすればNNKの原因の80%強は押さえることができます。

中谷安心堂漢方薬局では
1)抗酸化・・・活性酸素によって身体が錆びるのを防ぐ
2)抗糖化・・・最終糖化産物によって身体が焦げ付くのを防ぐ
3)駆?血・・・血液を浄化して病気を予防する
を3本柱として漢方薬・抗酸化サプリ・抗糖化サプリをうまく組み合わせて『健康寿命の延長』に取り組んでおります。

PPKを目指す方、是非ご相談下さい。
ご相談のご予約

Skypeダウンロード

中谷安心堂アプリ、是非ダウンロードお願い致します。
健康関連情報、特価情報等配信しております。