ブログ|中谷安心堂漢方薬局

LINE@
blog

季節のご挨拶

日に日に秋が深まってきました。
仕事の後は、アツアツおでんやお鍋が美味しい季節です!

年末に向け、何かと忙しい日々が続きますが、
コロナ禍はまだ収束しておりません!

お互いに感染防止対策を欠かさず気をつけましょう!!

『痔』

今朝のNHKの『あさいち』で日本人の3人に1人が痔に悩んでいると言っていました。
自分自身も昨年経験しましたが、通導散(ツウドウサン)や桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)を便通の状態に応じて飲み分け継続しているため再発の兆しは全くありません。

痔核ができる原因は血液循環ことに静脈の循環が悪くなり肛門の静脈叢の血管が膨らむことによります。
手術や坐薬などで一旦は良くなっても血流を改善しないと再発の可能性もあると思います。

漢方薬には乙字湯(オツジトウ)、桂枝茯苓丸、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、芎帰膠艾湯(キュウキキョウガイトウ)、紫雲膏(シウンコウ)等症状体質に応じて薬方が用意されています。
誰にも言えない痔の悩み、そっとご相談下さいませんか?

ペット漢方薬

最近、ワンちゃん、ネコちゃんの体調不良のご相談が時々あります。

元気が無い、食欲が無い、耳だれが止まらない、てんかん発作が起こる等々。

元気が無い、食欲が無いには補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、六君子湯(リックンシトウ)などを撰用します。

耳だれが止まらないワンちゃんには竜胆潟肝湯(リュウタンシャカントウ)をあげると快方に向かいました。

てんかん発作のネコちゃんは柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)で治りました。

私が薬学生だった頃、高コレステロール血症のラットに桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)を飲ませてコレステロール値が低下していた事を思うと、ペットちゃんも人間と同じようにいろいろな病気に漢方薬が効いても何ら不思議な事は無いと思います。

大切なペットちゃんたちの健康の維持増進に東洋医学的なアプローチをお考えになっては如何でしょうか。

ご相談はこちらから。

『痔』の経験

私は毎日快便があるのですが、11月半ば、排便時に肛門にピリッとした痛みを感じました。
トイレットペーパーには微かに出血の形跡が(;´Д`)
入浴時に探ってみると、ちょっと出てるっぽい(°°;)
外痔核???
出血はすぐに止まりましたが、肛門のむず痒さは取れません。
そこで我が身を使って人体実験とばかりに

処方 乙字湯(オツジトウ) + 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

乙字湯の適応症は①内痔核の脱出 ②脱肛 ③肛門周囲並に外陰部の湿疹・瘙痒症 ④痔核の出血 と記載されています。
痔核は痔静脈にうっ血を起こさせることが良くないので、乙字湯に配合されている大黄で便通をつけ、当帰で血流を良くすれば治ると。
桂枝茯苓丸は痔静脈のうっ血を改善する目的で会わせました。

服薬開始翌日から以前よりも更に快便が続き、2週間後には諸症状がすっかり治癒しました。
今は桂枝茯苓丸だけ服用しています。

 

私のコロナ対策

毎日毎日過去最高を更新と感染拡大が続いております。
そんな状況下、職業柄絶対に感染してはいけないと考えている私のコロナ感染防止対策をご紹介します。
手洗い、うがい、アルコール等による除菌など一般におこなわれている対策は除きます。

1)毎日『LPS+乳酸菌』を飲む。
自然免疫応用技研(株)という会社のホームページに「LPSは自然免疫担当細胞であるマクロファージを活性化します。マクロファージはウイルスが感染してしまった細胞を食べて処理してくれます。」「LPSを多く含む食品を普段から摂取することが、新型コロナウイルスに対する備えとなり、また感染した場合にも回復を早めることにつながるでしょう。」という記載があります。
私はLPSと5種類の乳酸菌からできたサプリを毎日飲んでいます。

2)疲れたなと感じた時に「漢方 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」を飲む。
漢方薬の解説書に「適応病態 ①全身的な体力の低下 ②免疫機能の低下による感染症の予防」との記載があります。
また別の解説書には補中益気湯に配合されている「人参(ニンジン)、黄耆(オウギ)、白朮(ビャクジュツ)、当帰(トウキ)」について「マクロファージ貪食能や抗体産生を促進する」との記載があります。

3)栄養剤を飲む
生体のエネルギー通貨」と形容されているATPを作るために毎食後にミネラル、ビタミンを中心に各種栄養素をバランス良く含んだ牡蠣肉エキスを飲む。
食事て摂った炭水化物、タンパク質、脂肪などを材料に体に必要なエネルギーを作り出す大工さんのような役目をしてくれます。
全身の細胞1つ1つが元気になります。

以上が私のコロナウイルス感染症対策です。
関心のある方は0665820664までお問い合わせ下さい。
詳しいご相談のご予約こちらからお願い致します。

新型コロナウイルス

今朝のネットの記事に下記のようなものが有りました。
https://www.msn.com/ja-jp/news/coronavirus/「軽症・無症状」が脳梗塞に-30%ef%bd%9e40代相次ぐ-合併症か/ar-BB13jNl1?ocid=spartandhp

愚考しますに、こんな状態には生薬『地竜(じりゅう)』が良いのではないかと・・・
『漢薬の臨床応用』という本によると、地竜には1)解熱作用がある 2)気管支を拡張し呼吸困難を改善する と記載されています。
また、ちょっと古い記載ですが
https://www.excite.co.jp/news/article/Economic_eco_080529_000_1/
という記事もあります。
他の漢方薬と併用することで、重症化を予防したりできるのではないかと思います。

いつどこで感染するかも知れない状況下でできる事は自粛生活と自己免疫活性の強化だと思います。

 

新型コロナに負けるな!

新型コロナウイルス。
もう絶望的に感染拡大しているかもしれない。 感染してしまった人達との接触を避けることはもはや不可能かも知れない。 陽性→陰性→陽性と再燃らしき様子が伺えることから、免疫獲得し難いウイルスかも知れない。
では、発症を防ぐ或いはウイルスを排除するにはどうしたら良いか? それには自己免疫力をパワーアップするしか無い。 その中心的細胞、マクロファージは免疫獲得前のウイルスを排除してくれる。 しかし・・・

このコロナウイルスには、どうやらマクロファージを弱体化させる力があるらしい。 そこでマクロファージがウイルスにやられないように応援しないといけない。 どうしよう・・・?

身の回りの商材を見ると・・・ 有りました!! 『LPS(ポリ リポ サッカライド)+乳酸菌』 コロナウイルスと同じ一本鎖RNAウイルスであるインフルエンザウイルスに対して感染予防効果が高いという実験結果が得られている。 せっせと飲みましょ!

ドクターも推奨してますよ。

新型コロナウイルスに有効と言われる「LPS」って?医師が実践する免疫力アップ食生活

ホームページリニューアル致しました。

pjccakdhigldfioc.jpg

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

西区 漢方 アトピー

『効く』と『治る』は違う。
私たちは「症状を抑えてもらう事が病気を治す事」と勘違いしているのではないでしょうか?
症状を抑える事と病気を治す事は同じではありません。
例えばアトピー性皮膚炎、ステロイド剤を塗っている間は炎症が治まり痒みも無くなりますが、効きめが無くなると症状がぶり返します。当方にご相談にお越しの方にも何年もステロイド剤を塗り続けておられる方があります。
決してステロイド剤を否定するものではなく、むしろ正しく使用して辛い症状を抑える事は良い事だと思っています。
ただ、ステロイド剤を塗り続けることで症状が治まっているからアトピー性皮膚炎が治っていると思うのは大きな勘違いだと気づいて欲しいと思います。
アトピー性皮膚炎に限らず病気はその根本を正さないと治らないと思います。

西区 漢方 アトピー

漢方薬『消風散(しょうふうさん)』は非常に良い薬だと改めて実感しました。
消風散の「風」とは皮膚疾患では「搔痒」と「皮疹の拡大傾向と移動性」の意味で、その「風」を消す漢方薬が消風散です。
(例)70歳後半の女性の皮膚疾患
20190731164704_p
右大腿外側で痒みが強く、発赤、やや熱感があります。
表面は乾燥でも湿潤でもありません。
消風散に赤みと熱感を取るために少量の黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、血液の汚れと便通をつけるために少量の大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)を混合しました。
2回服用後来店されまして、「痒さがましになってます」とのことです。
気を良くされて「キッチリ続けて飲みます」と仰ってお帰りになりました。