LINE@
blog

「冷える」に効く漢方薬

冷え症によく使用される漢方薬に配剤されている生薬を効能別に大まかに分類すると
1) 血行を改善する。
2) 血液の粘度を下げる(サラサラ血にする)。
3) 新陳代謝を高める。
4) 水分の巡りを改善する。
5) 消化吸収機能を改善する。(4、5は3に含まれるかも・・・)
6) 体の上部に昇った熱を下方へ下げる。
こんな感じでしょうか・・・
(漢方薬にはこれらの生薬がバランス良く配合されています。)

そこで次に「冷える」の原因を血行不良と新陳代謝低下の2つに大別して具体的に代表的な漢方薬をご紹介します。

『血行不良型冷え症』
当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ):しもやけができやすい、冷えるとお腹が痛くなる等症状がある方。(漢方屋 中谷は独特の判断方法を仕込んでいます。)

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン):血液粘度が高く手足の末端の毛細血管の血流が悪い。唇の色が悪い。目の下にクマさんがいる方など。

加味逍遥散(カミショウヨウサン):体の上部特に顔はのぼせているのに足は冷えているタイプ。更年期障害のカーッスーにも有効。イライラしがちな方に。

『新陳代謝低下型冷え症』
このタイプは体の熱エネルギーが不足しています。平熱が低い(36度未満)、むくみやすい等の方はこのタイプです。

真武湯(シンブトウ):熱薬「附子(ブシ)」が配合されています。生気に乏しく下痢しやすい。体が揺れる感じがしたりする。

人参湯(ニンジントウ):胃が弱く、消化吸収が悪い。下痢しやすい。口に生唾がたまる。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン):水分代謝が悪く、むくみやすい。貧血傾向があり、目まいがすることも。

以上、代表的な漢方薬を簡単に列挙しましたが詳しくは漢方屋 中谷に直にお問い合わせ下さい。
一口に冷え症対策と言っても非常に複雑です。とても書き尽くせません。冷えに悩む方、是非是非直接お問い合わせ下さい。