LINE@
blog

頭痛と漢方

頭痛は日常頻繁に見られる症状ですが鎮痛剤で対処するのみで、なかなか根治に至らないのが現状です。漢方ではどのような状況で頭痛が起こるのか、どのような症状が付随しているのか等を細かく考慮して薬方を決定します。その結果、頭痛発作以外の時も服用していると根治に至ることも屡々あります。ここでは漢方屋中谷がよく用い尚且つよく効く漢方薬をご紹介します。

葛根湯・・・慢性緊張型頭痛と呼ばれるタイプで、首の後ろから肩甲骨の辺り、背骨に沿って凝る。その凝りが頭まで昇り頭の筋肉をギューッと収縮させるために起こります。一般の鎮痛剤はほぼ無効です。漢方屋中谷では特製葛根湯として販売しています。

呉茱萸湯(ゴシュユトウ)・・・片頭痛によく使います。耳の後ろの首筋が凝り、凝った側の頭がドクンドクンと発作的に割れるように痛みます。目がチカチカしたり、目まい、吐き気がする場合もあります。手足も冷えます。漢方の原典「傷寒論」には「悶え苦しんで死にそうになる・・・」という記載があります。

五苓散・・・低気圧が近づくと頭痛が起こる。気圧が下がることによって脳が少し腫れて痛みとなります。漢方屋中谷が大変お世話になっている方にもこのタイプの方がおられます。特製五苓散があります。頭痛に関しては一般の五苓散エキスでは効果は弱いでしょう。

釣藤散(チョウトウサン)・・・高血圧傾向で動脈硬化の気味があり、朝起床時に後頭部が痛み、時間が経過すると共に忘れてしまうというタイプ。肩こり、耳鳴り等を伴うこともあります。

桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)・・・冷えっぽく、胃腸が弱い虚弱タイプで下痢しやすい。特製桂枝人参湯あり。

その他、桂枝湯(ケイシトウ)、半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)等々枚挙に暇がありませんが、漢方薬には即効性があり、且つ常習頭痛の根治も期待できますので、日頃頭痛にお悩みの方は是非漢方薬をお試し下さい。